働い方改革に伴うウェブ会議の導入

現在日本は働き方改革の真っ只中にあります。

これまで日本の労働環境というものは世界的に見ても労働時間が長く、有給休暇のような休暇を率先して取得しないで休まずに働く社員の方の方がより評価される傾向にありました。


その為、長時間労働をすることが出来ない結婚をしたり妊娠をした女性社員の方は会社を去ってしまう傾向が強いものでした。

しかし、少子高齢化で働き方を改革してこれまでの会社組織のあり方を見直してどのような立場にいても働きやすい環境を整えようという動きが除々に浸透しています。


例えば子育てや在宅でご両親の介護をしている社員の方が在宅勤務という方法を選択することを許可する企業も増えてきています。

在宅でもインターネット環境さえあれば仕事を行うことが出来る社会インフラが整ってきたということでもあります。


日本の企業は会議が多いことでも世界で知られています。



日本の会社組織は誰か1人が責任を負って物事を決めていくよりも、会議を行ってみんなの総意で物事を決めていくことを良しとする文化にありますので、現代でも会議は多く開かれます。在宅勤務をしている社員にも会議に参加してもらうためにはウェブ会議を設定する必要があります。ウェブ会議はインターネット環境され整えば利用することが出来る上に、ウェブ会議導入の際に必要になるイニシャルコストも多額の費用はかかりません。



企業としては導入するハードルが低い上に、働き方の選択肢を広げることが出来ます。